老眼が眼精疲労の原因? 40代は老眼の進行期!

老眼

老眼は一般的に40代前半から始まり70歳ころまで進行するといわれています。40代半ば頃から急速に進む老眼が、眼精疲労の大きな原因となっている場合が多いのです。

そもそも老眼とはどのようなものなのでしょうか?簡単にいえば、目のレンズの調節がうまくいかなくなることです。

加齢により水晶体(目のレンズ)の厚みを調節する小さい筋肉が衰えたり、水晶体が弾力性を失って硬化してしまい、ピント合わせの調節力が低下してしまうことなのです。


若い頃、視力が1.5とか2.0ぐらいあって視力が良かった人ほど、老眼になったことを早く感じます。

■40代に入っていて次のような症状がある場合、老眼の可能性が高いです。

・本や新聞を遠くに離して読んでしまう。

・朝は文字が見えるが、夕方になると見えにくい。

・目がすぐに疲れて長時間読書ができない。

・小さい文字を読んでいると肩こりや頭痛がしてくる。


サイト管理人アイ助は40代後半ですが、もう完全に老眼の自覚ありです。電車の中で本を読むのが好きなのですが、読んでいてふと気づくと本と顔の距離がすごく遠くなっていてビックリすることがあります。

老眼は眼精疲労から来るものでなく加齢による症状で、いわば自然現象です。老眼になったから眼精疲労が発生するのです。もちろん眼精疲労の原因は老眼だけではありません。

老眼で見え辛くなってきているのに、無理矢理ピント調節して見る、という生活を続けていると、頭痛や肩こりなどを招き体調が悪化してしまいます。自然に起こる症状だからといって放置しているのは良くありません。老眼は、我慢して目を酷使すると早く進むともいわれます。

もともと眼精疲労ドライアイがある人は、老眼によってさらに症状がひどくなりやすいので気をつけましょう。症状が気になるときは早めに医師に相談することをおすすめします。アイ助は、少しでも老眼の進行が遅くなって欲しいと思いつつ食事で栄養に気を配ったり、目のためのサプリメントを取り入れています。
.

>>私が飲んで試した目のサプリのレビューはこちら

>>老眼・メガネ使用者が最も少ない沖縄産目のサプリ



レバレッジ最大25倍まで