ドライアイを直すための目薬で、ドライアイを悪化させる危険!?

目薬をさすことが、ドライアイの原因になることなんてあるんでしょうか?… 私自身の経験からいっても、ある! と言えます 。今回は目薬とドライアイの陥りやすい危険な関係についてまとめてみました。

 ・ドライアイってどんな症状?

目 1

疲れ目目のかすみ痛み目のごろごろ感など、の目の不快な症状の原因60%がドライアイだといわれています。

ドライアイとはどんな状態なのかというと、涙の分泌量が減ったり涙の質が低下することによって目の表面をうるおす力が低下した状態のことで、その結果、目の疲労感や乾燥、傷み、ごろごろするといった不快な症状が起こることをいいます。

私もドライアイの症状で目がゴロゴロして辛い思いをした経験があります。
私がドライアイで本当に辛い思いをした時は、我慢し切れずに眼科に駆け込んで解決しました。そのことは後半で記したいと思います。

・目薬のさし過ぎは、要注意!

不快な症状を直したくて大抵はまず目薬に頼りますよね。目薬をさすとその直後は気持ちよくて目が楽になります。そして不快感が出てくるるとまた目薬をさす。知らず知らずのうちに目薬の回数が増えてきて、頻回に点眼することによって目の保湿成分や栄養分などを目から洗い流してしまうことになります。その結果、目の表面の保湿能力が低下して、よけいにドライアイが悪化するという悪循環が起こってしまいます。


目薬私も以前目薬のさし過ぎで、ドライアイになってしまった経験があります。このときは、最近なんか目が乾くなぁ…と思いつつ、しばらくの間さし過ぎが原因であることに気づきませんでした。

気づいた頃には一日の点眼回数は10回を超えていました。しかも一回の点眼で片方ずつ2滴か3滴さしていました。結局、充血を直すつもりが、ドライアイを引き起こすことになってしまったわけです。

.
今では目薬に頼る度合いは減らして、回数は一日に2回~3回程度です。目を使わなくてもいい時は、なるべく休めたり、栄養面に気を使ったり、軽いマッサージをしたりしてケアするようにしています。

色々と書きましたが、私がドライアイで目がごろごろと違和感があって辛い思いをした時は、眼科でドライアイ用の目薬を処方してもらい、1日5~6回さすようにして数日で楽になりました。要は、本当に症状が辛い時は市販の目薬に頼らず(さし過ぎは特に注意)眼科で処方してもらった専用の目薬を使うのが一番って事ですね。


 

>>私が飲んで目の乾きに一番効いたサプリはこちら

>>目のサプリのレビュー・一覧はこちら

レバレッジ最大25倍まで