秋花粉による目のかゆみや充血にも効く・塩水洗眼

秋は春に次いで花粉が飛び交う季節です。あなたは秋になると鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状に悩まされていませんか? 花粉症といえば、春のスギ花粉のイメージが強いと思いますが、夏の終わりから秋にかけて発症する秋の花粉症にも注意が必要です。 ブタクサ秋の花粉は、春のスギ花粉とは違い、ブタクサが原因の花粉です。

ブタクサ(豚草)とは、10月ぐらいになるとあちこちで見かける、あの黄色くてあまり美しくない(笑)花を咲かせる雑草です。 ブタクサに次いで、ヨモギやカムナグラも秋花粉の原因になっているそうです。

ヨモギはご存知の草餅やヨモギ饅頭などのお菓子に使われたり、アロマ効果があってスチームサウナに使われたりする雑草ですね。 カムナグラはツル性の植物で、庭などに生えてくると他の植物に絡み付いて被い隠してしまう厄介な雑草です。どれも道端や公園、河川敷など、いたる所で見られる雑草です。

ヨモギ           カナムグラ

よもぎ   かなむぐら
ブタクサの花粉はスギ花粉に比べ粒子が小さく身体の奥に入りやすいそうです。そのため気管や目、鼻に影響を与えやすく、喘息や蓄膿症を引き起こす危険性が高いと言われています。 症状には、目のかゆみ・目の充血・涙が出る・鼻づまり・鼻水・クシャミ・頭痛・ノドのかゆみ・ノドの痛み・皮膚のかゆみ、などがあります。

私も春と秋には多少ですが花粉の影響を受けます。目が粉っぽい感じがしてショボショボしたり、くしゃみがよく出ます。花粉の時期には目薬をさす回数がどうしても増えてしましますね。

目薬以外には私も普段からやっている「塩水洗眼」がおすすめです。洗面器の水に天然塩を少し溶かして顔をつけて目を洗うだけですが、とても目がスッキリして楽になりますね。目に付着した花粉もきれい洗い流せるようです。

>>「塩水洗眼」のやり方はこちら

>>私が試した目のサプリメントのレビュー評価はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする