夏こそルテインを摂ることが大切!紫外線から目を守るルテインの働き

sun

夏の強い紫外線は、肌のシミやシワ、老化の原因になりますが、目も気づかぬうちにダメージを受けています。目のアンチエイジングのためには、夏の紫外線対策は必須ですね。

サイト管理人は、太陽大好きオヤジなので、むしろ積極的に日焼けをしまくっていますが、なるべくサングラスをかけるなど最低限の対策はしています。

ところで、紫外線のダメージによって起こるリスクのある目の症状にはどんなものがあるかご存知ですか?

よく知られたものに、角膜炎、白内障、加齢黄斑変性症、翼状片、などの症状があります。

紫外線が発生リスクを高める症状

角膜炎
長時間紫外線を浴びた後、角膜が炎症を起こし、目の痛み、充血し、ごろごろする異物感を感じたりする。

白内障
本来は透明な水晶体(眼のレンズ)が、白内障では白く濁って、光が眼底に届きづらくなり、目がかすむ、視力の低下、光がまぶしい、などの症状が起こりります。

老化が主な原因とされていましたが、近年、紫外線の影響もあるといわれるようになりました。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
長年の紫外線のダメージにより、網膜の中心部を黄斑(おうはん)に異常が現れます。症状としては、視力の低下、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる、 などの症状が出ます。

末期になると、視界の中心に穴があいたようになり、実質的に視力を失ってしまうことになります。

翼状片(よくじょうへん)
結膜(白目)の組織が、角膜(黒目)に三角形に伸びてくる眼病です。、戸外で活動することが多い人や、赤道付近など紫外線照射量の多い地域に住んでいる人に多くみられます。乱視や視力低下を引き起し、手術で除去しなければならなくなります。

.

紫外線から目の黄斑部を守るルテイン

ルテイン


目には元々、活性酸素を抑える抗酸化作用の働きにより、紫外線をブロックするしくみがあります。

しかし体内にもともとある酵素や、それを助けるビタミン・ミネラルなどの補酵素が不足すると、細胞の酸化をくいとめることができなくなってしまいます。

そこで、カロテロイドのような抗酸化性の物質を補うことが大切になってきます。

.

 ルテインは紫外線から目を守る働きがある

.
ルテインは、カロチロイドの一種で、抗酸化性が大変強い
ことで知られています。ルテインは水晶体や網膜の黄班部など、目の組織に含まれていて、目に入ってくる紫外線をブロックして、網膜の色素が酸化されるのを防ぐ役割を果たします。

ルテインを日常の食事から摂るならば、緑黄色野菜のほうれん草ブロッコリーかぼちゃいんげん、などに含まれていますので、それらを積極的に食べるようにしましょう。

目の健康のためのサプリメントにはルテインが必ず配合されていますので、合わせて活用すればより安価で効率的ですね。

サプリメントには多くの場合、マリーゴールドの花から抽出したルテインが使用されています。
.

>> 管理人アイ助が試した目のサプリはこちら

.

>> イモの葉から抽出したルテイン配合のサプリはこちら


スポーツ系クレジットカード