スマホの見すぎは眼精疲労を引き起こす原因!

PCワーク多くの人がスマホなしでは生活できなくなりつつありますね。あなたは1日にどのくらいの時間スマホを使っているでしょうか?

ある調査によると、スマホを使っている時間が1日に1時間~2時間以上という人が、かなりの割合でいるそうです。
1時間て短そうに聞こえるけど、1時間続けてずっとあの小さい画面を見ていたら目にとっては結構な負担になりますよ。ましてや2時間以上も…

パソコン作業を仕事にしている人のような場合は、スマホの使い方によっては、深刻な眼精疲労につながる危険も潜んでいます。

普段のパソコン仕事でかなり疲れている目に、さらにスマホによって疲労を加えられては、目も正直言ってたまったものではありません。眠る前に布団に入って寝ながらスマホを見続けたりもしますからね。目がしゃべれたら「いい加減に休ませて!」と言うことでしょう。

私も仕事はPC作業が多いので、仕事以外のプライベートの時間ではできるだけ、スマホを使うのは必要最小限にとどめるようにはしています。

寝スマホ

スマホを使い続けると目が疲れる理由はパソコンの場合と同じで、主に3つの原因が考えられます。

・画面に目のピントを合わせ続けること
・まばたきの減少で目が乾く
・画面から出るブルーライトの影響

これらの原因で目が疲労するのだから、逆のことをすることで疲れを和らげることが可能ですね。つまり、

・意識的にまばたきをして目の乾燥を防ぐ。
・意識的に時々モニターから目線を外す。

まあ実際には見ること夢中になって忘れてしまい勝ちですが、なるべく心がけたいと思います。

ブルーライトに関しては、止めることはできないので仕方ないですが、ブルーライトをカットするフィルムやアプリも出ているので使ってみるのもいいかも知れませんね。

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンは目の疲れを取るのには良いので、目が疲れやすい私は日ごろから飲むようにしています。

>>目の疲れに良いというサプリメントを色々と試してみました

.

レバレッジ最大25倍まで