目の疲れがひどいときは、メガネを疑ってみる?

疲れ目の原因の一つに、メガネやコンタクトレンズが合っていないということがあります。年数が経つうちに視力が除々に落ちていたりするので意外と気づきにくいものですね。

いつの間にか眼鏡の度数が合わなくなっていて目の疲れを感じ、ようやくメガネやコンタクトが原因であると気づくことはよくあることです。

もう長い年数同じメガネを使っていて徐々に合わなくなってきているのに、作るのが面倒でそのまま使い続けている場合もありますね。

メガネ

■メガネやコンタクトが合わないことで起こる症状
 目の疲れがひどい。
 メガネをかけた時は見えやすくても、徐々に見え辛くなってくる。
肩こり、首こり、頭痛、目まい、吐き気がする。
 イライラなどの精神的ストレス。

さらに、合わないメガネやコンタクトは近視を悪化させる原因になったり、視力低下を加速させることにもつながるので注意が必要です

メガネをかけた際の視力矯正が十分でなかったり、矯正し過ぎたりしていると、かえって目が疲れてしまいます。

矯正し過ぎていると、近くを見ようとして目の筋肉が緊張するため、疲れてしまうことになります。

また、左右の矯正後の視力が大きく異なる場合等も、目の疲れの原因となります。

過矯正は、度数の強いメガネやコンタクトをしている人に多い例ですそのような人の目の疲れは、メガネやコンタクトを適切な度数に下げるだけで症状は軽減されます。

メガネをかけ始めるときは、とても目が疲れるといいます。
管理人アイ助も数年前から老眼の症状の自覚があり、おまけに乱視も入っていますが、今のところはまだメガネのお世話にはなっていません。数年後にはどうかわかりませんが。

やむを得ずメガネを使用することになるときは、できるだけ軽い度数のレンズにするといいようです。また、初めからメガネに頼り過ぎないようにすることも大切で、本の文字やパソコンのディスプレイを見る場合、それでも見える方はメガネを外して作業するように心がけましょう。

管理人アイ助は日頃から目が疲れやすいので、疲れ目に効くサプリを飲むようにしています。
.

 疲れ目に効果のあるサプリメントを試してみたレビュー>>
.

メガネ着用率が全国一低い・沖縄県生まれの眼に効くサプリメント>>