疲れ目、眼精疲労の改善に有効な栄養素は?

食材

目の働きを助ける、目の機能を整える、疲れ目、眼精疲労の改善するのに効果的な栄養素は主に、ビタミンAビタミンB1ビタミンB2ビタミンCビタミンEアントシアニンルテイン などがあります。

それぞれの主な働きと、それらが多く含まれる食べ物をまとめてみました。

・ビタミンA(目の粘膜の保護、網膜の働きを助ける)
卵、牛乳、チーズ、鶏レバー、緑黄色野菜、うなぎ、など。
不足すると、ドライアイ夜盲症視力低下などを引き起こしやすくなります。
・ビタミンB1(視神経の働きを助ける、筋肉の疲れをやわらげる働き)
豚肉、玄米、うなぎ、ニンニク、ピーナッツ、ごま、大豆、など。
不足すると、目が疲れやすくなります。
・ビタミンB2 (目の粘膜の保護)
豚レバー、牛レバー、うなぎ、イワシ、サバ、卵、モロヘイヤ、チーズ、など。
不足すると、充血しやすくなります。
・ビタミンC(抗酸化作用、水晶体を保護)
赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、アセロラ、ゴーヤ、めんたいこ、など。
白内障や老眼の発生を防ぐ進行を遅らせる効果があります。
・ビタミンE(抗酸化作用、血行を促進し目に活力を与える)
アーモンド、らっかせい、いくら、焼たらこ、焼きのり、うなぎ、など。
目の血行を促し活力を与える、目の老化を防ぐなどの効果があります。
アントシアニン
ブルーベリーやビルベリーなどベリー類、紅芋、紫芋などに含まれるポリフェノールの一種。青紫色の天然色素で、強い抗酸化作用があります。見る働きを支える視神経の細胞に含まれる「ロドプシン」という色素の再合成を促進させることから、視覚機能を改善させる効果があります。
ルテイン
緑黄色野菜のブロッコリー、ホウレン草、かぼちゃ、いんげん、などに多く含まれているカロテノイド色素の一種で、強力な抗酸化作用があります。眼の水晶体と黄斑部が正常に機能するために大切な働きをしています。ルテインは紫外線によるダメージから目を守る働き目の老化を防止する働きがあります。
DHA
DHAは、魚油に含まれる身体に必須の脂肪酸で、網膜や視神経の中に存在しています。DHAのはたらきで血行が良くなり網膜や視神経細胞に酸素と栄養が充分に与えられて、目の組織が活性化します

●日頃から目にいい栄養素を上手に取り入れながらバランスの取れた食事を心がけたいものですね。アイ助はアントシアニンルテインなど目を元気にする栄養素はサプリメントで取り入れています。効率的に補給できるのでおすすめですよ。

>>管理人アイ助が試した目のサプリメントのレビューはこちら