疲れ目、眼精疲労の主な原因は?あなたにも心当たりがあるはず

スマホ

 疲れ目というのは簡単に言えば、目の周りの筋肉が疲労した状態にあることです。長時間同じ位置を見て動きがない状態が続くと、眼球を支えている筋肉が疲労を起こしてしまういます。水晶体(目のレンズ)のピントを合わせるための筋肉も、近くを見続けたりして緊張状態が続くと疲労してしまいます

プログラマーなど、パソコンを凝視する仕事が眼精疲労の原因になりやすいのもそのためです。アイ助も毎日の仕事はパソコン作業で他人事ではありません。眼精疲労を回避するために以下の3つのことを意識的にしています。

①パソコンの画面を顔より低い位置にして角度も垂直より少し下に向ける。これで目に受けるブルーライトの影響を軽減できます。
②作業中は時々画面から目を離す。
③時々パソコンから放れて遠くの景色をみる。

簡単な事ですが意識的にするのとしないのでは、積み重ねによる目の疲労が相当変わってきます。

あとは仕事以外で目に負担をかけることをなるべく減らすことですね。アイ助も以前は寝る前に布団に入ってスマホを見たりしていましたが今はやっていません。仕事がPC作業で目が疲れるし、スマホの小さい文字は目がしんどいので必要なとき以外はあまり見ない方ですが、夜な夜なお酒を飲みながらパソコンでネットサーフィンをつい長時間してしまい勝ちなので、気をつけたいものです。
アントシアニンという成分は目の疲れをとるのにはよいので、目が疲れやすい私は日ごろから飲むようにしています。

>>目の疲れによいというサプリを色々試してみました

レバレッジ最大25倍まで