加齢黄斑変性の原因と対策|中年以降は要注意

高齢になってから発症する目の病気の1つに加齢黄斑変性があります。白内障や緑内障、糖尿病網膜症とともに高齢者に多く見られる眼病です。

加齢黄斑変性は、物を見るときに重要なはたらきをする黄斑の老化現象が主な原因と考えられています。

黄斑は網膜の中心にあり、視力を支えている大切な組織です。

一般的に加齢黄斑変性の発症は50歳過ぎから見られ、60~70代に最も多くみられますが、早い人では40代から発症する場合もあります。

今まで目の病気になったこともなく視力も良かったのに突然発病したという例が多くみられます。

目の構造

加齢黄斑変性は、年をとれば誰にでも起こる可能性のある眼病です。糖尿病網膜症、緑内障とともに高齢者の失明の原因となる病気の一つで、近年増加している傾向にあります。

症状としては、モノがゆがんで見える視野の中心が暗くなる視力が低下する などの症状が出ます。末期になると、視界の中心に穴があいたようになり、実質的に視力を失ってしまうことになります。

通常、正常な黄斑にはカロテノイド色素のルテインゼアキサンチンが多く存在していますが、加齢黄斑変性の場合、黄斑のルテインとゼアキサンチンが減少します

ルテインは目の健康維持にはアントシアニンとともに欠かせない成分です。当サイト紹介しているサプリにはこのルテインが多く含まれていますので是非憶えておいてくださいね。

加齢黄斑変性が発症する原因は、加齢による黄斑組織の異常ですが、そのリスクを高めることとして、喫煙や環境悪化による活性酸素の増加食生活や運動不足による肥満紫外線を多く浴びる ことなどが報告されています。

喫煙は特にリスクが高く、喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると目の炎症を起こしやすくなり、発症の原因となります。ですので喫煙は加齢黄斑変性の予防や発症してしまった方が進行を遅らせるためには大切です

また液晶テレビ、パソコン、スマホなどから出るブルーライトの有害性も、加齢黄斑変性を引き起こす原因の一つと言われています。

世界的に見ると、加齢黄斑変性は欧米人(白色人種)に多く発生しており、欧米では失明の原因となる眼病の第1位となっています。その主な理由としては、欧米人の目が日本人の目に比べて目の老化を促進する原因である光の刺激に弱いことが挙げられます。また欧米の食生活も原因の一つではないかと思われます。

近年日本人にも加齢黄斑変性が増えているのは、食生活の欧米化も原因の一つになっていると考えられています。

ホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれているルテインの摂取量が少ないと、加齢黄斑変性を発症しやすいと指摘されています。日ごろから緑黄色野菜やミネラルを十分にとり、バランスのとれた食生活を心掛けましょう。
.

>>イモの葉のルテイン配合の眼の健康サプリメントはこちら
.

>>私が試した目のサプリメントのレビューはこちら

.