アントシアニンは『目にいい』を 動物実験で実証|緑内障に効果も

ブルーベリー1ブルーベリーが目にいい ということは一般的に広く知られていますが、そんなのウソだとか、眉唾ものだとか、都市伝説だとまで言う人もいるようでです。

ブルーベリーが目にいいと言われるのは、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分の効能によるものです

ブルーベリーが目にいいという説は、元々ヨーロッパから広まりましたが、日本国内でもアントシアニンの効果が実証された研究事例があります。動物実験でアントシアニンの効果が実証されたのは初めてのことだそうです。記事の中では、緑内障への効果までもが述べられています。

2008年に中日新聞に掲載された記事ですが、ブルーベリー、アントシアニンの効果に疑いがあって目のサプリメントの購入を迷っている方のために、転載させていただきます。

ブルーベリー 『目にいい』 実証=岐阜薬科大学 [中日新聞 2008/04/03]「ブルーベリーの実に含まれる主成分アントシアニンに、目の網膜にある血管や神経の細胞を保護する作用があることを、岐阜薬科大の原英彰教授(薬効解析学)が突き止めた。俗に「ブルーベリーは目にいい」と言われてきたが、動物実験などで実証したのは初めてという。原教授が検証したのは、網膜に新しい血管が次々とできて視力を低下させる糖尿病網膜症と、老化や紫外線といった「酸化ストレス」で悪化するとされる緑内障への効果

実験では、ヒトの血管細胞に血管を増やす物質を加え、血管の数を2.5倍に増殖させて擬似的に糖尿病網膜症の状態をつくった。これにアントシアニンを加えたところ、血管の増殖が抑えられ、マウスの網膜を使った実験でも同様の結果が得られたという。

また、ラットの網膜神経細胞に酸化ストレスを増やす物質を加え、細胞の4割を死滅させた上でアントシアニンを加えると、それ以上の細胞の死滅を防ぐことができたという。

原教授は、「 アントシアニンにある非常に強い抗酸化作用が関係していると考えられる。ただ、ブルーベリーを果物として食べるだけでは足りないので、サプリメントなどで効率よく摂取するのがいいだろう 」 と指摘している。

▽慶応大医学部眼科学教室の坪田一男教授の話
アントシアニンが、細胞や動物の体の中で、一部の病的刺激に対して保護的に作用するということを示した画期的な報告。今後はメカニズムの解析や人体での作用など一層の研究が期待される。

.

>>サイト管理人アイ助が目のためのサプリを試したレビューはこちら
レバレッジ最大25倍まで