「塩水洗眼」は乾き目、しょぼしょぼ、花粉症に効果あり

管理人アイ助が毎日やっている目のケアを紹介します。それは塩水洗眼です。

はじめたきっかけは「ある老人が洗面器に水を張って目をつけてきたえる習慣があり、未だに老眼鏡いらず」とうい何かの記事を読んだことです。ここ数年老眼の症状が出はじめているのと、朝の寝起きに目が乾き気味なので、何となく良さそうだと直感して始めたわけです。

やり方は簡単です。洗面器に水かぬるま湯を張って、天然塩を小さじ一杯ほど溶かしてそこに顔をつけ、目を開いたり閉じたり動かしたりしてして眼球を洗います。これを1回30秒くらい x 2回ほどやる。これだけです。

洗面器.

目の表面の角膜は粘膜なので、見えなくても汚れが付着しています。涙や目ヤニとなって粘膜に付いた汚れは自然と落ちていきますが、意識的に洗ってきれいにするわけですね。これで角膜に付着した一日の目の汚れを充分に取り除くことができるそうです

シャワーで洗い流したりするわけではなく、ぬるま湯の中でそっと目を開けるだけですから、目を傷めるようなこともありません。塩水洗眼は花粉症による目のかゆみ目ヤニなどにも良い効果があるそうです

初めは真水でやっていましたが、小さじ一杯入れた塩水にしたほうが目の痛みがずっと少なくて楽です。塩水の方が真水よりも涙の成分に近いからでしょう。塩は防腐剤など入っていなくてミネラルが豊富な天然塩がいいようです。塩は小さじ一杯ほどで充分ですので入れすぎないように注意しましょう。

私はもう1年近く毎晩お風呂に入るときにやっています。やり初めは少し目が痛いですが回日かやっているうちにすぐ慣れてきます。やった後は一時的に少し目が赤くなりますが暫くすると引きます。

花粉症の目のかゆみや充血、涙などの症状にお困りでしたら試してみるといいと思いますよ。
.

>>>管理人アイ助オススメの目のサプリはこちら

レバレッジ最大25倍まで