紫外線による目のダメージと眼病

太陽

最近は一昔前と違って日焼けなどもってのほかという美白志向の女性が増えましたね。美白美肌の女性は大好きです^ ^

一方、こちらは気持ち悪いとしか思えないんですが(失礼!)、美白志向の男性も増えているそうです。

これは紫外線の肌への影響に対する意識が高まっている証拠でもありますね。

肌の紫外線対策は男女問わず広まっていますが、意外なほど紫外線の目への影響については重要視されていないようです。

紫外線は桜の咲く季節から増え始め、5月~8月頃までが紫外線量のピーク。実はこの紫外線は、眼にも影響があります。紫外線を浴びてダメージを受けるのは肌だけではなく、目も同じようにダメージを受けています

管理人アイ助は以前サーフィンをしていた頃にこんな経験があります。強い紫外線を頻繁に目に浴び続けたことで、角膜が炎症を起こし、目の痛み、慢性的な充血といった症状が出てしまいました。

目には本来、紫外線を防ぐ力が備わっています。通勤時間など日常生活で多少の紫外線を浴びる分には目の機能には問題ありませが、紫外線によるダメージを長時間受け続ければ、それは蓄積されて目の細胞を破壊してしまい、白内障などの眼病につながる危険性が増えるといえます。
海水浴などアウトドアでのレジャー、スポーツや登山、外での仕事など、紫外線を長時間受け続ける場合は注意が必要です。

以下、紫外線によるダメージで起こる主な目の病気です。

白内障

水晶体(目のレンズ)が、白くにごってくる病気で、進行するにつれ見えにく くなる眼病です。

通常は透明な水晶体が、白内障では白く濁ってしまうため、光が眼底に届きづらくなり、目がかすむ、視力の低下、光がまぶしい、などの症状が起こります。老化が主な原因とされていましたが、近年、紫外線の影響もあるといわれるようになりました。若いころ紫外線を多く浴びた人は、早い段階で白内障になりやすい傾向にあるようです。

翼状片

結膜(白目)の組織が、角膜(黒目)に三角形に伸びてくる眼病です。乱視や視力低下を引き起し、

手術で除去しなければならなくなります。紫外線照射量の多い地域に住んでいる人に多くみられます。
光誘発性角膜炎(雪目)

スキー場などで、雪に反射した強い紫外線を受けることにより、目の表面の細胞が壊死状態になる疾患です。

強い痛みで目が開けられなくなります。夜~深夜、あるいは翌朝にかけて発症し、大体は24~48時間程度で自然治癒します。


対策

サングラス太陽の下で長時間過ごすときは、サングラスゴーグル(UVカットのもの)、帽子が必須ですね。

余談ですが 記事を書いていて、昔アルバイトで電機溶接の仕事をしていた時に、溶接の光がすごく目にキツかったのを思い出しました。火花が飛ぶとあぶないのでお面みたいなものを付けてやるんですが、目がまぶしくて。調べてみたら、溶接で出る光は紫外線を多く含んでいて、角膜に炎症を起こす可能性もあるそうです。

アイ助は太陽大好きオヤジで今でも夏は日焼けするのが好きです。紫外線をあまり敵対視したくはないですが、最低限目を守ることはしていくように気をつけたいと思います。あと、このブログによく出てくるルテインという成分は、天然のサングラスと呼ばれるほど紫外線によるダメージから目を守る働きがありますので、対策として取り入れるといいですね。

.

>> 私が試してみた目のサプリメントのレビュー
.

>> 沖縄産 紅イモの葉から抽出したルテイン入りのサプリメント

健康法