目の下のクマはなぜできるのか?その対処方は?

今回は、目そのもののことではありませんが、目の下にできるクマについて書いてみました。

ところで、目の下のクマってイヤですよね。疲れた印象や老けた印象を人に与えるし…。クマってなぜできるんでしょうか?管理人アイ助は今40代後半ですが、3年くらい前から鏡を見るとき目の下のクマが気になりだしました。

目のクマには 主に3つの種類に分けられるので原因は一言ではいえません。あなたのクマがどのタイプなのか気になりますよね? 目のクマの3つの種類と原因と対処法をまとめてみました。

青クマ
青クマ

目のまわりの血行不良が原因です。目の下は皮膚が薄いので、滞った血液が透けて青く見えます。血行不良は、過労睡眠不足栄養不足疲れ目眼精疲労などによって起こります。

■対処法

・ しっかりと栄養を摂り、ゆっくり睡眠をとることが大切です。

 蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてた後、目の周りを軽くマッサージするのも即効性の効果ありです。

 タバコは毛細血管の血流を悪くするので、禁煙も効果があるそうです。タバコをやめたら顔色が良くなったという話はよく聞きますよね。


 茶クマ

紫外線茶クマ齢によるシミくすみ色素沈着が原因です。目をこするクセがあると、色素沈着が起こりやすいので注意が必要です。女性の場合は、クレンジングの際にメイクがきちんと落ちていないことも原因となります。 残ったメイクが酸化して、そこに紫外線があたり、色素沈着が起こります。

■対処法

 眠いときなど目をこするクセがある人は注意すること。

 紫外線を浴びることにより、更に色素沈着が進むので、日頃からのUV対策が必要です。

・ 女性の場合は、クレンジングをしっかりとするのと、洗顔後の目元の保湿が大切です。


黒クマ

黒クマ目の下のたるみ皮膚の乾燥で、シワができることが原因で起こります。 たるみやシワが影を作り、クマのように見えてしまうことから影クマとも呼ばれます。主に加齢が原因で、アラフォー以上の人には、思い当たることが多いクマです。ダイエットや病気などで急激に痩せたことが原因となる場合もあります。

■対処法

 日頃からの肌のケアが大切です。コラーゲンが含まれた美容液などを目の下にたっぷり付け、保湿すると効果的です。サプリなどでヒアルロン酸やコラーゲンを摂取することも有効です。


それぞれのクマの対処法を簡単に挙げましたが、もっと深くいえば食事などで肌に良い栄養を上手く取り入れていくことも大切でしょう。

サプリメントを活用してアントシアニン等の目の血行に必要な栄養を上手に取り入れていくことも、効率的でおすすめの方法です。

目の周りの血行を良くするアントシアニン高配合のサプリを飲んだ体験レビューはこちら>>

田崎真珠の株主優待