疲れ目と眼精疲労は違うもの?

疲れ目 と 眼精疲労 はどう違うのでしょうか?一言でいえば 症状の重さの違いといえます。

プログラマー2

疲れ目とは、目の疲れがあっても、一晩 眠るなどして休息をとれば目の疲れが回復するような軽い症状のことをいいます。

一方、眼精疲労といわれる症状は、長時間の疲れ目の状態が度重なって目の疲労が蓄積され、慢性的になった疲労の状態のことをいいます。眼精疲労=慢性疲労なのです。眼精疲労は休息をとった後も目の疲れが残っていたり、またすぐに症状がぶり返してしまう、肩こり頭痛目の奥の痛み倦怠感思考の鈍化、ひどい時には目まい吐き気を誘発することもあるといった重い症状のことをいいます

景色自分も仕事の大半がパソコンをにらみながらの作業です。過去に吐き気まではありませんが、眼精疲労で肩こりや頭痛が続いた経験があります。仕事でパソコンをよく使う人や長時間の精密検査など目を酷使する人など、継続的に疲れ目を起こすような環境にいる人は、眼精疲労になりやすい傾向があるので注意が必要ですね。

重度の眼精疲労の症状に悩んで仕事を変えたプログラマーの話も聞いたこと
があります。自身の経験では、仕事の合間に目の周りをマッサージしたり、蒸
しタオルや温パック、意識的に時々パソコンから目を外す、時々遠くの景色を見るなど目を休める行為を取り入れるのは効果的です。

あと、パソコン画面が顔より下になるように調節して少し見下ろす感じにすると目の疲れ方が軽減されます。仕事以外の時間ではなるべくスマホを見たり目が疲れることをする比重を減らすことも大切だと思います。
僕も普段から目が疲れやすいほうなので、ブルーベリーなどのサプリを飲むようにしています。

>>目の疲れによいというサプリメントを色々試してみました

.