目の充血はなぜ起こるのか? 原因と対処法

前の記事では自身の慢性充血の体験を書きました。今回は充血について少し掘り下げてみたいと思います。

充血は、目の毛細血管の拡張 が原因で起こります。白目の部分に通っている毛細血管が膨らむため、赤く見える現象です。

充血

●充血には主に次の4つの原因が考えられます

① 外部からの刺激によるもので、目にゴミが入ったり、目を強くこすった場合や、コンタクトレンズの影響などで、結膜下の小さい血管が傷ついて出血したものです。正確には充血ではなく結膜下出血と呼ばれます。充血と違い目の全体ではなく一部分だけが赤く染まる症状です。

長時間のパソコン等で目を酷使したり、寝不足が続いたりして目の休息を十分に取っていない場合などに起こるもので、疲れ目眼精疲労やを原因とする目の充血です。目の酷使でエネルギーを使い、不足しだした酸素や栄養を補うために血液を多く送り込もうとして、血流が増して白目の毛細血管が拡張してしまうことによって目が赤く見えます。一般的に多い充血の原因です。

外的な要因による目の炎症で、プールや海水浴をして、消毒用塩素の刺激を受けたり、長時間紫外線を浴びて目に刺激を受けることによって起こる炎症反応で目の毛細血管が拡張してしまい、それによって目が赤く見えます。アイ助が以前なった慢性充血の原因は、これを頻繁に受け続けたことです。

最後は病気によるもので、詳しくは書きませんが、結膜炎(ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎など)、ぶどう膜炎ドライアイなどが原因の充血です。自分も過去に一度だけウィルス性結膜炎(はやり目)にかかったことがあります。また別の機会に書いてみたいと思います。

K

 それぞれの対処法

 1週間~10日程で自然吸収されて白目に戻るので心配はないようですが、余り長引く場合は眼科医に診てもらいましょう。

疲れ目や眼精疲労やを原因とする目の充血は、蒸しタオルや軽いマッサージ、十分に睡眠をとるなどして、目に休息を与えてあげることが大切です。目薬をさすのも有効でしょう。

かるく目や目のまわりを洗ってから、目薬をさすのがいいと思います。プールや海水浴では、ゴーグルをするようにしましょう。強い紫外線を浴びるような状況では、UVカットのサングラスは必須ですね。

自分の経験から言っても、疲れ目などで起こる充血とは感じ方やレベルが違うし、市販の目薬をさしても直りませんので分かります。すぐに眼科に行きましょう。

充血の原因は、ここにあげたもの以外にもいろいろあると思います。花粉症や飲酒でも充血することありますよね。目の病気も他にいくつもあるだろうし、目以外の病気によるものもあると思います。原因が思い当たらず心配なときは専門医の診察をおすすめします。
.

>>充血にも良いという目のサプリを実際に飲んでみました。