疲れ目がスッキリ?42度のシャワーで目を温める効果

パソコンやスマホの普及により目が疲れがちな現代人。

仕事で長時間パソコンを使う人も多く、電車の中など見ても、通勤時間や帰宅中もじっとスマホの画面とにらめっこしている人が大多数。

家に帰ってもベッドに入って眠る直前までスマホを見ていたりして。便利なスマホの普及
は、目にとってはゆっくり休む暇がない過酷な状況を生み出しているのかも知れません。


.目の疲れはできればその日のうちに解消したいものですが、あまりひどい疲れは数時間眠っただけでは完全に取れないこともあるんですね。

目の疲れが積み重なり、現代病といわれる眼精疲労を引き起こす人も少なくありません。眼精疲労は放っておくと慢性頭痛や肩・首のコリや痛みを併発することもあるようです。

入浴時に疲れた目を癒すお手軽な方法・シャワーマッサージ

ずっと前から私はお風呂に入った時に必ずやっていることがあります。

目の疲れを感じた時に、なんとなく思いつきで始めたんですが、それは閉 じた状態の目の上からシャワーを当てて「シャワーマーサージ」をすることです。

片目1分づつぐらいで簡単に済ませますが、お湯の温かさと適度 なシャワーの水圧によるツボ刺激効果もあるのか、やった後は目がとてもスッキリして疲れが取れるように感じます。簡単で時間のかからないのでお勧めですよ。

もしやる場合は、水圧が強すぎると目にお湯が浸入して痛いこともあるので、適度な水圧で行ってください。湯船の中で行ったほうが、リラックスしてできるし節水もできるのでお勧めです。
.
このシャワーマッサージ、あとから知ったんですが、医師も勧めているようです。しかもこれをすると視力がアップするという実験結果まであるそうです。

医師によれば、ぬるいシャワーよりも42℃のシャワーでやったほうが、水圧にによるマッサージ効果だけでなく温熱効果も加わり、視力回復により効果があるとのこと。

視力回復の理由は、目に熱めのシャワーを当てることで、温熱効果で目の周辺の血流が良くなり、ピントわ合わせる時に働く毛様体筋の疲労が回復するからだそうです。

目にいいサプリメントTOPページに戻る >>

 健康ブログへ