疲れ目、眼精疲労にブルーベリーが効くって本当?

ブルーベリーの木

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、視神経細胞の新陳代謝を活性化させる働きがあるので、疲れ目や眼精疲労に有効であるといえます。

アントシアニンは、ポリフェノールの一種、青色 紫色、赤色などの色素成分で、ブルーベリーに限らず、赤シソや紫芋などにも含まれる成分です。

アントシアニンは、目の見る働きを支える視神経の細胞に含まれる「ロドプシン」という色素の再合成を促進させる働きがあります。
(※ポリフェノールとは、植物だけに含まれる色素成分、苦味・渋味成分の一種です)

近年の日本の研究では、アントシアニンは網膜に新しい血管が次々とできて視力を低下させる糖尿病網膜症と、老化や紫外線といった「酸化ストレス」で悪化するとされる緑内障に効果があることが述べられています

ブルーベリーが目に良いと言われ始めたのは、第二次世界大戦中の出来事がきっかけだそうです。ブルーベリージャムが大好物のイギリス空軍のパイロットがいて、毎日パンにブルーベリージャムをたっぷりとつけて食べていました。そのパイロットの夜間飛行の最中に「薄暗い中でもハッキリと周りの景色が見えた」という発言がきっかけとなり、フランスやイタリアで研究が行われるようになり、その結果、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良い効果をもたらすことが確認されまたそうです。

アイ助の意見としては、自分が実際に飲んだ体験や、多くの口コミからみても、ブルーベリーに含まれるアントシアニンだけではなく、ルテインという成分も入ったサプリメントが効果が高いと思います。

 >>私が試した目の健康サプリのレビュー評価はこちら
レバレッジ最大25倍まで

.