近視と遺伝の関係|遺伝によるといわれる軸性近視とは?

今回は、近視と遺伝の関係性について簡単にまとめてみました。

近視とは、本来は網膜で合うはずのピントがその手前で合ってしまい、近くはよく見えても遠くがぼやけて見えにくくなる症状のことです。
.
近視の原因には、遺伝的な要素と後天的な要素があり、幼少期から強度の近視がある場合は、遺伝的要因が強いといわれています。
.

研究では、両親に近視の人がいる場合、両親共に近視でない場合と比較して、子供が近視の確立が明らかに高いことが報告されており、近視には遺伝的要因があることが裏付けられています。
.
後天的な要因としては、現代における生活環境の変化が影響していると考えられます。

具体的には、昔に比べて子供が外で遊ぶことが少なくなったことや、コンピューターゲームやスマホの普及などがあげられます。

外で遊ぶことが減ったという事は、遠くを見ることが減ったという事につながります。後述しますが、遠くを見ずに画面など近くばかり見続けることは、仮性近視になる原因と考えられています。

「平成27年度学校保健統計」では、視力1.0未満の小学生が増加傾向にあり、昭和54年には20%いなかった視力1.0未満の小学生は、平成27年には30%までも増加し過去最多となりました。

自分が子供だった頃を想い返してみても、小学生だった昭和40年代中頃~昭和50年前半は、昼間は広場は公園や野原などで身体を動かして遊ぶことが多く、コンピューターゲームなどもまだ存在しませんでした。
.

真性近視(軸性近視)と 仮性近視(調節性近視)

ところで、近視には2つの種類があるということをご存知ですか?

近視で最も多いのが「軸性近視」で、真性近視とも呼ばれます。一般的に近視といえば軸性近視の事を言います。

軸性近視とは、眼軸といわれる目の奥行きが伸びてしまい長くなった状態のことです。

.
目の奥行きが長いために、網膜が後ろにずれてピントが網膜の手前で合ってしまい、網膜上では画像がボケたように見えるのです。(図を参照)

軸性近視は「治らない近視」といわれ、近視矯正手術の対象となっています。

もう一つの仮性近視(調節性近視)というのは、近くの物を凝視するあまり毛様体筋が過剰に緊張してしまい、水晶体を調節できずに一時的に遠くのものが見えにくくなるという症状です。

近年では子供だけでなく大人にも仮性近視が増えているといいます。パソコンやスマホの急激な普及が、その大きな原因の一つとして考えられています。
.

仮性近視の改善と、ならないための対策は?

仮性近視は「治る近視」といわれ、治療を行うことで近視が改善される場合もあります。

仮性近視の治療法の代表的なものとして点眼治療と「ワック」と呼ばれる調節緊張を緩和させる器械による治療が行われています。

予防的な意味で、パソコンやスマホ、ゲーム、読書など近くを凝視し続ける時は、30分~1時間ぐらいで休憩を入れて目を休めるように心がけましょう。

休憩中にもスマホやパソコンを見続けているのでは意味が無いので、休憩中には遠くを見たりして眼の筋肉の緊張を和らげると効果的です。
.

>>『目の健康のためのサプリのレビュー』
よろしければご覧下さい <<

 健康ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする